東京愛らんどレシピ

スイーツ
小笠原塩レモンマドレーヌ

小笠原塩レモンマドレーヌ

小笠原村の塩とレモンで作る塩レモンを使ったマドレーヌです。塩気が後を引き、島レモンのいい香りが爽やかで美味しいです。 *調理時間に塩レモンの工程は含まれていません。


【東京愛らんど広報事務局からのひとこと】
小笠原の塩と島レモンで香りも豊かになり、甘すぎず爽やかなスイーツに仕上がりそうですね♪

投稿者:田中 直人さん(島外在住)

材料(3~4人前)

  • 全卵100g
  • 粉砂糖108g
  • 蜂蜜20g
  • ベーキングパウダー1.6g
  • 塩レモン小さじ1
  • 溶かしバター100g
  • 薄力粉100g
  • バニラ・エッセンス適量
  • バター(型用)
  • 強力粉(型用)
  • 塩レモン
  • 島レモン4つ(約400g)
  • 小笠原の塩40~80(レモンの10~20%)
  • 清潔な瓶

作り方(調理時間約100分)

  1. 塩レモンの作り方。 しっかり洗い水気を切ったレモンをくし切り、輪切り、みじん切りなどお好きな切り方で切り、塩、レモン、塩、レモンと瓶に入れていく、最後に塩をかぶせて、瓶のふたを閉める。 直射日光の当たらない涼しい場所に置き、1日1回瓶を振って塩とレモン、レモン汁を混ぜる。 1週間以上置きレモン液がとろっとしてきたら完成。
  2. 粉砂糖、薄力粉は振るっておく。 ボールに全卵を入れ、混ぜる。 はちみつを入れる。
  3. 粉砂糖を入れ湯せんにかけて溶かし混ぜ、バニラエッセンスを数滴入れる。
  4. 薄力粉、ベーキングパウダーを混ぜる。
  5. 塩レモンと溶かしバターを入れる。
  6. ラップをして寝かせる。(約1時間)
  7. マドレーヌ型にバターまたは油を塗る(指で隅までしっかり)粉を型に振るいかけ、前後に傾けて粉をつけ、粉と油の層を作る。
  8. 型に生地を絞り袋で流し込む。
  9. オーブンで予熱あり200℃ 7~8分焼き、膨らんだら180℃でさらに5~6分焼く。
  10. 型から取り外し完成。