東京愛らんどレシピ

主食
べっこう山

べっこう山

火山をイメージしたべっこう寿司です。 雲に見立てた綿あめがポイント。飾り&調味料として活躍します。


【東京愛らんど広報事務局からのひとこと】
見た目がユニークで、写真映えすること間違いなし!新しい見た目のべっこう寿司で挑戦して作ってみたくなります♪

投稿者:yumiさん(島外在住)

材料(1~4人前)

  • 刺身用の白身魚1柵
  • A べっこう醤油大さじ3
  • A 酒大さじ3
  • 人肌のごはん(または酢飯)丼一杯
  • 板のり3枚
  • 綿あめ適宜

作り方(調理時間約10分)

  1. 白身魚の柵をそぎ切りにする。
  2. Aをボールに入れ混ぜ合わせる。1を入れ数分漬け込む。
  3. ラーメンの丼に、海苔2枚をずらして敷き、ごはん、2の魚を交互に入れる。(飾り用に数枚残しておく) 丼一杯になるまで入れ、海苔で蓋をする。丼からはみ出た海苔はカットする。
  4. 丼の上にお皿を置き、ひっくり返す。 頂上に飾り用に残した魚を乗せ、綿あめを散らして完成。余った漬け汁をかけて頂きます。