青ヶ島

面積:5.98 km²|人口:167人
(2015年1月現在)

青ヶ島

青ヶ島へのアクセス

船の場合

【大型客船(夜行便)】
東京(竹芝桟橋)~八丈島経由
10時間(毎日運航)

 

【連絡船「あおがしま丸」】
八丈島~青ヶ島
約3時間
(月~土曜日、1日1便)
※週に数日運休有り

 

飛行機の場合

【全日空】
東京(羽田空港)~八丈島
50分(毎日1日3便運行)
※本土からの直行便がないため八丈島経由

【東京愛らんどシャトル】

八丈島~青ヶ島
約20分(毎日1日1便運航)

青ヶ島
ご案内パンフレット
Get Adobe Reader

※PDFの情報を見るには
Adobe Readerが必要です。
こちらからダウンロードできます。

 

 

 

 

青ヶ島

世界でも珍しい二重式の火山を擁し、四季折々に咲き乱れる花々、島言葉で「ひんぎゃ」と呼ばれる火山性噴気孔など、大自然の営みを目の当たりにすることができる まさに“東京の秘境”。
日本一人口の少ない村としても有名です。

 

【島の見どころ】

大凸部(おおとんぶ)

大凸部(おおとんぶ)

青ヶ島でもっとも高い標高423mの大凸部は、集落からも近く、気軽に登ることができ、展望台からは、広い海原を見渡せます。

ひんぎゃ

ひんぎゃ

島の言葉で「ひんぎゃ」とは、水蒸気の出る穴のこと。電気がない時代には、暖房や調理にも使われ、現在ではサウナや塩作りに使われています。

【めずらしいご島地もの】

ひんぎゃの塩

ひんぎゃの塩

「ひんぎゃ」を利用して、海水からじっくり時間をかけて作った塩は、まろやかな甘みが特徴。

青ヶ島

独特の自然を持つ火山島

青ヶ島

青ヶ島

面積:5.98 km²|人口:167人
(2015年1月現在)

世界でも珍しい二重式の火山を擁し、四季折々に咲き乱れる花々、島言葉で「ひんぎゃ」と呼ばれる火山性噴気孔など、大自然の営みを目の当たりにすることができる まさに“東京の秘境”。
日本一人口の少ない村としても有名です。

 

【島の見どころ】

大凸部(おおとんぶ)

大凸部(おおとんぶ)

青ヶ島でもっとも高い標高423mの大凸部は、集落からも近く、気軽に登ることができ、展望台からは、広い海原を見渡せます。

ひんぎゃ

ひんぎゃ

島の言葉で「ひんぎゃ」とは、水蒸気の出る穴のこと。電気がない時代には、暖房や調理にも使われ、現在ではサウナや塩作りに使われています。

【めずらしいご島地もの】

ひんぎゃの塩

ひんぎゃの塩

「ひんぎゃ」を利用して、海水からじっくり時間をかけて作った塩は、まろやかな甘みが特徴。

青ヶ島へのアクセス

船の場合

【大型客船(夜行便)】
東京(竹芝桟橋)~八丈島経由
10時間(毎日運航)

 

【連絡船「あおがしま丸」】
八丈島~青ヶ島
約3時間
(月~土曜日、1日1便)
※週に数日運休有り

 

飛行機の場合

【全日空】
東京(羽田空港)~八丈島
50分(毎日1日3便運行)
※本土からの直行便がないため八丈島経由

【東京愛らんどシャトル】

八丈島~青ヶ島
約20分(毎日1日1便運航)

島のごあんないパンフレット[PDF]

広報事務局宛ご意見ボックス
広報事務局宛ご意見ボックス